風間 久仁子

投稿日: カテゴリー: Staff
【略歴】
1988年大学卒業後、エネルギー関連企業のIT子会社に入社。人事研修、研究開発、経営企画、カスタマーサポート、営業などを経験。
2003年親会社の社内ベンチャー(コールセンター事業会社)の立上げに参画し、マーケティング、アカウント営業などの業務に従事。
2008年自社ヘルスケアビジネス立上げメンバーとして、新規顧客開拓営業を主に担当。
2016年約29年間勤めた会社を退職し、ヘルスケアの道を歩むことを選んだ。

 【何をきっかけに4UL?】
社会公共性の高い電力のITを担う、とてもやりがいのある仕事を担当し仲間にも恵まれて満足していましたが、ベンチャーの立上げやヘルスケアビジネスの企画を経験する中で、もっと社会貢献性の高い仕事に関わりたいという気持ちが強くなりました。
採用面接の時に宇陀からセレンディピティという言葉を初めて聞き素敵な偶然というより運命的なものを感じ、4ULは想いとスキルを両方活かせるまさに今の私にぴったりの会社だと直感しすぐに転職を決めました。
先陣がここまで大切に作り上げてきた4ULをもっと大きく成長させて、現場で日々働いている方たちのお役に立ちたいと思い入社しました。

【4ULの魅力】
社内が明るく人を包み込む雰囲気があり、男性ばかりの職場で働いてきた私にはなんといっても女性が多いのが魅力。
経営と距離が近く意思が通じやすく、ストレートな会話で根回しがいらないこと。
本来なら巡り合えないような優秀なメンバーと机を並べて一緒に仕事ができること。
ITを武器にしているところ。
優秀な人財がそれぞれの強みを活かしてのびのびとしなやかに働いている、なでしこナースで実現したい多様性を認める職場が4ULにはあります。