4U Lifecare、看護師マッチングサービス「なでしこナース」をベースに簡単に人材マッチングを実装できる「カスタムなでしこ」システムの提供を開始

投稿日: カテゴリー: news

4ULは、2017年にヘルスケア初のシェアリングエコノミービジネスとして、潜在看護師の活用を目指した看護師マッチングサービス「なでしこナース」をスタートし、そのノウハウをベースに看護師のみならず多様な人材のマッチングを簡単に実装できるマッチングプラットフォーム「カスタムなでしこ」システムの提供を開始しました。「カスタムなでしこ」は、ニーズに応じてマッチングに必要な条件を設定することで多岐に渡る人材マッチングを簡単にカスタマイズして提供できるサービスです。

◆ベースは「なでしこナース」

4ULは、2017年よりすきま時間を活用した看護師のマッチングサービス「なでしこナース」をスタートし、最新のITを活用したシステムを構築しております。この取り組みは、ヘルスケア業界における初のシェアリングエコノミーの事例として大きな注目をいただき、多くのメディアでも取り上げて頂いております。

看護師不足に悩む医療機関、介護施設や企業と、すきま時間を活用して働きたいと考える看護師のみなさんを結びつける『看護師版Uber』を目指しています。

◆「カスタムなでしこ」第1号、すでにスタート

「カスタムなでしこ」は既に大手企業A社様で最初のサービスをスタートしています。A社様では人材マッチングのサービスをスタートしていたものの、ほとんどのオペレーションをマニュアルによって対応しており、今後のビジネスの拡大における大きな課題となっていました。A社様はなでしこナースを知り、そのプラットフォームを自社のサービスに展開できないかと4ULに依頼され、約2.5ヶ月という短期間でシステムをスタートさせることに成功しました。全国展開に向けてカスタムなでしこのシステムをご活用いただいています。

「カスタムなでしこ」の開発はアジャイルベースで進めるため、実際のサービスを常にイメージしながらプロジェクトを進めていくことができます。すでに稼働しているシステムを活用するため、バグ出しや運用テストを最小化でき、またパイロット期間中はシステムインフラも4ULが保有するクラウドスベースを活用いただけるため、社内でシステムやサーバーを準備する必要がありません。システムの提供にとどまらず、実際の運営上のノウハウをベースとしたビジネスモデル開発もご支援しています。要望に応じた柔軟なカスタマイゼーションが可能で、サービス提供期間を通じて継続的な機能改善や拡張が実現できます。

 

               「カスタムなでしこ」開発モデルの特長

◆広がる「カスタムなでしこ」の活用アイデア

カスタムなでしこはすでに多くの引き合いを頂いています。以下のように多岐に渡る人材マッチングへの展開が可能です。

「カスタムなでしこ」の展開例

 

◆社会課題解決の切り札へ

「カスタムなでしこ」は、現代の日本の大きな社会課題である働き方改革、生涯現役社会の実現を支援するソリューションです。お問い合わせの中には65歳以上のアクティブシニア世代に向けた新しい働き方を支援するための人材マッチングを考えている企業も多く、今後さまざまな形で活用いただけるものと考えております。

 

  ◇4U Lifecare株式会社について

代表者:代表取締役社長 伊藤 久美
設立 :2016年
所在地:〒105-0004
東京都港区新橋5-1-9 銀泉新橋第2ビル8F
資本金:3,800万円
企業URL:https://4ulifecare.com/ 
なでしこナースURL:https//nadeshikonurse.jp

 

事業内容:ヘルスケアIT関連システムの開発、サービス提供、人材紹介事業、コンサルティング事業等。なでしこナース事業に加え、他の医療人材や専門人材のマッチングサービス、マーケティング、コンサルティング事業などを展開しているヘルスケアベンチャー企業です。