なでしこナースを象徴する絵を描いていただきました

投稿日: カテゴリー: news

先週、荷物が届きました。開けてみるとこれ!!

あったかく両手で誰かの両手を包んでいる、そんな光景を描写している油絵でした。

送ってくださったのはIBM時代の同僚、坂本澄子さん。毎年二科展に入選されている本物の画家です。「久美さんが社長になられたお祝いさせてくださいね」とわざわざ「なでしこナース」のイメージを考えて、描いてくださったのでした。

これまでもたくさんの素晴らしい絵画を世に出している澄子さんですが、今回の絵は本当にすてきです。まさになでしこナースが実現したい、医療を提供する側も、受ける側も心からニッコリできるそんな時代を作らないといけない。再びその気持ちを新たにさせてもらいました。

絵は、毎年1月に書いている一文字書き初めの上に飾らせてもらうことにしました。

皆さんもオフィスに来られたときにはぜひ、この絵をご覧になってください。