「誰もが使いたいと思えるサービスモデルを作れるかどうか」

投稿日: カテゴリー: news

日経デジタルヘルスで副社長武藤が遠隔診療普及ための課題やポイントなどを語っています。

「患者によって外来や在宅が好ましいケースもあれば、遠隔診療が好ましいケースもあります。疾患や生活環境、経済状況に合わせてその人にとって最適な組み合わせを”引き出し”としてどう提供できるか。」

記事はこちら