グループ会社をご紹介 インテグリティ・ヘルスケア社は新しい医療システムを創造します

投稿日: カテゴリー: opinion

4U Lifecareの光澤です。
今回は、4U Lifecareの協業パートナーで、私自身も一部業務を兼務しております株式会社インテグリティ・ヘルスケア(以下、IH)をご紹介します。IHはオンライン問診・診療のシステム開発及びサービス提供を行っている会社です。皆さんはオンライン診療というとどのようなイメージを持たれるでしょうか?忙しくて病院やクリニックに行けない、通えない時に、Skype等のビデオチャットツールを通じて遠方の医師の診療を受けられるというようなイメージをお持ちではないでしょうか?
そういった使われ方も機能の一部として否定はしませんが、IHが目指している世界観はそうではありません。患者さんの利便性が向上すること自体は決して悪いことではありませんが、それよりも強調したいのが、地域のかかりつけ医と患者さんとのコミュニケーションを強化するということ。すなわち、ICT導入により、患者さんが自らの症状に気付き、医師に対して的確に伝えられ、そして受診を継続することができる、ということなのです。IHはそれを「オンライン問診」という形で実現しようとしています。
同社は、元々は在宅医療を手掛ける医療法人社団鉄祐会のバックオフィスを支援する会社として2010年に創業されましたが、2016年にその業態を変革し、第二創業という形で外部から人材を採用し、ビジネスモデルについての議論を繰り返し、昨年10月に「オンライン問診・診療」のシステム開発を本格的にスタートさせました。現在同社システムは東京の複数医療機関で利用されているほか、今年4月からは福岡市で大規模な実証実験を開始するなど着実な拡がりを見せています。社員はまだ10名強ですが、今後フィールド開発や医療機関のサポート、エンジニアやデザイナー、コーポレートスタッフを含めて大幅な人員の拡充を予定しています。
IHと4U Lifecareは兄弟会社として人的な交流があるほか、医療機関や自治体など顧客やパートナーが重なるケースもあり、協力しながら事業を推進し、お互いの成長をサポートしている関係です。今後、IHの事業の進捗も適宜共有できればと考えていますので、応援をよろしくお願いします!

最後にインテグリティ・ヘルスケアの園田社長より一言。

「4U LifcareとIHは「人とテクノロジーの融合により、よりよい医療、そして持続可能な医療システム・社会システムを創造する」という共通のVisionに向け、これからも力強く邁進していきます。私たちが創造する新たな社会価値にぜひご期待ください!」