「世の中のもっと多くの人に喜ばれる仕事をしたい」4ULにかける思い

投稿日: カテゴリー: opinion

4U Lifecareの中沢です。

4ULに入るまでは、三井住友信託銀行(旧住友信託銀行)で、BtoC向けのコンサルティング業務(ライフイベントに合わせた住宅ローンや資産運用のご提案)をしていました。金融を選んだ理由として、生涯に役立つ知識や感覚を身につけることができ、ビジネスパーソンとしての基盤を築く環境としては最適ではないかと思ったからです。

最初に在籍した住宅ローンチームでは、不動産や融資に関する知識を深めることができましたし、融資実行が終わり新居の鍵の引き渡しを終えられたお客様をお見送りする瞬間は、一つの案件をやりきったという達成感を味わいました。ただ、住宅ローンの商品は限定的でさほどバリエーションが多いわけではないので、新しいことをやりたいという気持ちと受信業務の知識を増やし経験の幅を広げたいという思いが芽生え始め、コンサルティング営業課への異動を叶えて頂きました。

投資信託、保険、遺言信託などを提案するコン営課は、ローカウンターが並ぶいわゆる銀行の窓口。お客様のライフイベントやニーズに合わせて提案を行うのですが、最初は緊張のせいでクロージングまでなかなかたどり着けず失敗の連続。そんなある時、先輩からの「提案の合間で笑顔を意識してみるといいんじゃないかな。」というアドバイスをきっかけにスムーズな提案ができるようになり、それ以降それまでが嘘だったかのように、クロージングまでスムーズに行えるようになりました。家族にもよく言われるんですが、真顔だときつく見えるらしいんです(笑)。自分のスタイルを築くことができたのは、先輩のそんな一言がきっかけでした。

そして2016年に、今後の人生について考えたいという思いが強くなり、9年間お世話になった三井住友信託銀行を退職しました。尊敬する上司、切磋琢磨しながら目標達成に向けて毎日一緒に走った同僚たち。素晴らしい仲間たちと出会い、恵まれた環境で9年間を過ごせたことに本当に感謝しています。

 

4ULに入ったきっかけ

退職してしばらくは「こんなに自由に時間を使えることなんて人生できっとないんだから、興味があることを存分に楽しみたい」と思い、以前から興味を持っていたWebデザインの勉強や、毎朝ヨガの実践など、気ままに過ごしていましたね。今思えばすごく贅沢な期間でしたが、家族と過ごす時間も増え家族の大切さも改めて実感することができたので良かったと思います。「次どんな仕事をするのか」は具体的には決めていなかったのですが、銀行で担当していた業務はBtoCかつ、特定のお客様に限定した提案だったので「特定の人だけでなく、世の中のもっと多くの人に役立つ仕事をしたい」と漠然ですが思うようになりました。

 

ある時、知り合いの宇陀さんから武藤さんの話を聞き、武藤さんの著書である『医の力』を頂き、読み進めるうちに「医療の分野なら、世の中全体に喜ばれる仕事ができる」と確信し、宇陀さんから武藤さんを紹介して頂き、新会社設立の準備から一緒にさせて頂く事になりました。

自分の持つ技術は銀行で培った金融・多少の不動産に関する知識程度でしたが、会社の設立や行政への届け出、職業紹介事業の免許申請など、一つ一つ着実に会社の基盤を作っていることを実感しましたね。設立して1年が経ちましたが、なんだか自分の子供のように愛情を感じています(笑)。

 

「フルタイムだけでなく短時間やスポット勤務をもっと柔軟に選択できる環境を整え、看護師と人手不足が深刻な医療機関・施設とをマッチングをする。それをITの力で実現するんだ」と、高尚な議論を情熱的にされる宇陀さん、武藤さんに、医療もITも初めての業界だったので当初は圧倒されながらも、議事録を取る中で徐々にですが知識を増やしていきました。また、現役の看護師や採用側の現場のリアルな声を伺い、悩みや課題が可視化されることで私自身「必ずこの事業を成功させ、世の中のために役立ちたい」という思いが強くなりました。

 

4ULでの今

ルーティンワークとしては、人事労務・会計・経理・行政・登記関係・パートナー企業やフリーランスとの契約・スケジュール調整など管理系全般を担っています。その他、インタビューや市場分析、サイトのコンテンツ制作、ビジネスサイドとしてシステム開発にも携わっています。積極性があれば何でもさせてもらえるのが、ベンチャーならではですし、4ULのメンバー誰もが自由にチャレンジをするのは素晴らしいと思っているはずです。

 

実務面での他の特徴としては、チャットやクラウドサービスをフル活用しているので、オフィスに行かなくてもネット環境があればどこでも仕事ができる点ですね。戦略会議と開発会議がある週2回のみオフィスに行き、他は自宅やカフェですることも。「場所や時間を制限されず、自分がその時に一番働きやすい環境で仕事をする」もちろんセルフマネジメントは必要ですが、時間は自宅でもオフィスでも平等なので、タイムスケジュールを意識する事でメリハリのある働き方ができています。

 

宇陀さんを筆頭にプロフェッショナルなオールスターが揃う中で、自分が本当に役に立っているのか、貢献できているのか自問自答をしてしまう事も実はあったんですが、私は私らしく、他の人と比べず貢献していきたい、もちろん吸収できる所、学べる所はたくさん真似して少しずつ前進していきたいと思っていますし、人柄も最高に素晴らしいメンバーと一緒に仕事をできることは、本当に恵まれていると実感しています。

 

医療業界のため、世の中のために役立つサービスを作りたいと思っている方、高い志を持って私たちと一緒に働きたいと思ってくださる方、是非一度オフィスに遊びに来ませんか?お待ちしております!